正しい身体の動かし方(フォーム)の重要性

こんばんは、なまけものです。
本日は正しいフォームの重要性について書かせていただこうと思います。
(私自身正しいフォームかと言われると自信はないですが、この前知ったことが少し衝撃的だったのでご紹介させていただければと思います。)

正しいフォームとは?

さて、皆さん正しいフォームとはどんなものでしょうか?
私が考える正しいフォームとは、「最大の出力を得られる打ち方」のことだと思います。
たまに隣のコートとかに、めちゃくちゃマッチョなのにあまり球威がない人とかも結構いらっしゃるのですが
そんな方を横目に、上から目線になってしまいますが「もう少し身体を上手く使えれば、球質も変わるだろうに、、、もったいない」と思ってしまいます。
今日は皆さんに身体の使い方の重要性を体感していただきたいと思います。

正しいフォームって本当に重要?

さて、その前に、、、
皆さん、速いショットを打つのに最も大事なのは「筋力」だと思っていませんか?

確かに筋力も大切ではあるのですが、それ以上に大切なのは正しい身体の動かし方です。

少し実験してみましょう。
鞄でもペットボトルでもいいので、大体2kg以上の重量があるものを準備してください。
そしてそれを「利き腕で持って、正面にまっすぐ腕を伸ばした」状態で10秒間キープしてみてください。
(小学生でよくやった、「前へならえ!」状態ですね。)

次に、「利き腕で持って、身体の横側で(正面を北としたら右利きは東に、左利きは西に)水平にまっすぐ腕を伸ばした」状態で10秒間キープしてみてください。
(もちろん無理は禁物なので、辛くなったら途中で止めてくださいね!)

どちらが楽でしたか?
おそらく多くの方が、最初にやった正面で持つ方が楽だったのではないでしょうか?
「同じ人が同じ物を持っても、持ち方ひとつで違いが出てくる」ということを体験いただければ幸いです。

最後に

私がこれを知って実際に体感したときは、「こんなに変わるのか!」とかなり衝撃を受けました。
それと同時に、「正しい身体の使い方」ができるようになれば、もっとストロークやサーブが強化できるのではないか?と期待も湧いてきました。
皆さんはいかがでしたか?

とはいっても「正しい身体の使い方ってどうやれば身につくの?」という疑問が残ると思いますので、次回はその方法をご紹介できればと思います。
ではでは。