ストローク練習(ラケットで球出し) | 練習メニュー

練習概要

ラケットで球出しされたボールを、フォアサイドはフォアハンド、バックサイドはバックハンドで返球する。
一定数を打ったら、次の人に変わる。フォアとバック交互に並ぶこと。

打つ方向を「フォアはストレート、バックはクロス」、「フォアはクロス、バックはストレート」のように決めておく。なお前述の組み合わせのようにすれば、端のコートの場合、打つ側のサイドを変えれば球拾いがいなくてもボールが散らばることはありません。

目的

・一定数を連続して打つことで、ショットの感覚を養う。
・簡単なボールを打つため、基礎の確認ができる。

ポイント

・1人3~4球など、ある程度まとまった本数をセットとする。(連続してまとまった本数を打つことで、ショットの感覚が掴みやすくなります。)